FC2ブログ
反逆のスーヴニール 妖精帝國技術部 pixiv イチゴニコのページ

記事一覧

ミュージカル・マール王国の人形姫を『観て』きました〜①開演までの道〜


シェリーさんは天使。

20190104143110883.jpeg


久しくブログを更新できておらず、書きたいことも溜まって消化できないほど滞っておりますが……。
なるべくがんばろう(笑)

今回は、昨年の12月に行われた、劇団・宇天那カンパニーによる、「ミュージカル・マール王国の人形姫」の感想など書きたく思います!
いやあ、ついにですよ、ついにミュージカル化されました。

宇天那カンパニー第9回本公演ミュージカル「マール王国の人形姫」

ここでマール王国を知らない人にも少し説明。

“『マール王国の人形姫』(マールおうこくのにんぎょうひめ、英題:Rhapsody: A Musical Adventure)は、1998年12月17日に日本一ソフトウェアより発売されたPlayStation用ミュージカルロールプレイングゲーム。淡い色使いで構成された絵本のような世界観と、愛らしいキャラクターが歌って踊るミュージカルイベントが魅力の作品である。 ”―wikipediaより―

そう、マール王国とは、かわいらしい世界観と楽しい楽曲が魅力の「ミュージカルRPG」、という、一風変わったジャンルのゲームなのです。
その、ミュージカルRPGが、ついに、20年の時を超えて舞台化!
現実の世界で主人公・コルネットやその他キャラクターたちが歌い、踊るわけ!
胸熱すぎません!?

(回想シーン)
マール王国を初めてプレイしたのはまだまだ幼かった××歳(年齢バレると困るから言わないぞ☆)で、今でも自分の根幹に大きく影響を与えたゲームだったなあと強く感じていたり…。
妹たち全員集まって、テレビの前であーだこーだ言いながらワイワイ遊んだり。(基本的に一人がプレイしてるのを全員で鑑賞するスタイル。)
小学校の連絡帳に、「一日一マール絵を描く」と決めて、メインキャラはもちろん、モブやモンスターまで、ゲーム画面見て観察して描いたり…。
コルネットに憧れすぎて、中学校で吹奏楽部に入るか真面目に検討したり…(トランペットが吹けなくて諦めた。)
で、コルネットが持ってるのと同じ、ピンク色のトランペットをネットで発見して、買おうか悩んだり…。
(回想ここまで)

……と言った感じで、根っからのマール王国ファン!である私が行かないわけない!
こういう時、フットワーク軽い遠征ライブギャでよかったなと思います(笑)

さて時は遡ること2017年6月。
ツイッターで「マール王国」と何気なく検索していたら、ふと目に留まったのは、
「マール王国、ミュージカル化します!」
という、劇団員の方のツイート。
まじか!と急いでリツイートして、すぐさまフォローして経過をチェックしていた記憶があります。
やってて良かったパブサーチ。
それが主催者である、宇天那カンパニーのたつたろうさんのツイートでした。
注目すべきは、「公式から正式に許可を得た、ファンアート公演」であるということ。
ゲームをプレイし、メインキャラはもちろんモブ村人に至るまで全セリフ書き起こして、作り上げた脚本。
コスプレイヤーさんに声を掛け、1から製作した衣装。
ガチガチのガチじゃん。
それだけ熱意と愛を持って、作り上げられる舞台ってどんなものなのか超見たい!!
準備の様子や稽古の様子を写真付きでツイートされていたのも、すごくわくわくしました。

そして去年の2月。
某ライブの物販待機列で私は咆哮を上げたのでした。

「うおおっっっっっっしゃあああぁぁぁい!!!!」

ミュージカルのパンフレットへのイラストの掲載依頼でした。
こんだけ好きな作品の舞台のパンフレットに、自分の絵が載るわけですよ!?
そりゃ大絶叫するでしょ…!
公演後に聞いたのですが、当時、イラストの依頼をマール絵を描いてる100人近いPixivユーザーにしたそうですが、返信が返ってきたのは数人だったそう。
見ていて良かったメールボックス。
その後やり取りをし、私は「マージョリー一家」のイラストを担当することに。

2019010414310886f.jpeg

マールといえば、かわいらしいキャラデザと、フェチズムくすぐるムチムチボディがポイント。(と思っている)
ので、ムチムチ感を意識!
マージョリー一家は悪役だけど、どこか憎めない魅力があって大好き!

そしてもう一つ、記念の「ビックリマールシール」も!

201901041431106c1.jpeg

20190104143109720.jpeg

こんな短期間でこんだけ種類描いたのは初めてじゃないか…とはいえ、描けなかったキャラもいるので、それが心残りでもある。
ミカエルとケロライン描きたかったな…!


2018年は後半ほぼ毎月なにかしらの遠征をしていたため、眩る廻る間にミュージカル当日を迎えました。
そして、シールが完成しておらず、行きの電車で製造し続けることに…。
そしてそして、思いきり逆方向の電車に乗ったため、会場着が開始5分前という頭の悪すぎるスケジュールプランニング!
席は自由でしたが、結構埋まってて、ドキドキしながら(走ったから動悸が落ち着いてないのもある)着席。
開演前BGMがゲーム内のBGMなのがヤバすぎる。

照明が落とされた劇場の中、マールを知ったばかりの幼少期の自分に思いを馳せました。
どうしてもミミズダンジョンが攻略できなくて、図書館まで自転車を走らせてPCで攻略サイトを見たあの日…。
ノートいっぱいに歌詞をメモして毎日歌ったあの日…。

そしていよいよ、本編がスタート!


ミュージカル・マール王国の人形姫を『観て』きました〜②ミュージカル本編&ミュージカルシーン集〜
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント