FC2ブログ
反逆のスーヴニール 妖精帝國技術部 pixiv イチゴニコのページ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのアクリルスタンド制作


今回は、「Yousei印刷」さんでアクリルスタンドを作ってもらうまでのアレコレをレポートしていきたく思います。

さて、5月と言えば皆さんもうお分かりですよね。
私の誕生日です!常識ですよね。
年齢?
これからはゆい殿下(325歳↑)を見習い、もう数えないスタイルでいくことにします。
忠実な!しんみん!なので!!

さて、誕生日なので誕生日プレゼントを作りました。
私レベルになると、もう、プレゼントは「貰う物じゃなくて作る物」ですからね。
友達と料理以外のものなら大抵は作れますからね。

201805190327318d5.jpeg

20180519032735644.jpeg

20180519032733b2c.jpeg

flamma idolaのMVの一幕を模したアクリルスタンドです。

20180519035000180.jpeg

かわいかろう。
(※魔方陣の板はツイッターのフォロワーさんにいただいたものです。)



sheglitゆい様の蝶々や、士官殿達の周りのきらきら、魔女ゆい様の炎はクリア印刷です。
20180519033119c43.jpeg


クリア印刷の部分は透けているので、下からライトを当てると光が射してきれいです。
2018051904004476e.jpeg

クリアの部分にアクリル板の厚みの影が映って立体感あってかっこいい。



ちなみに、このイラストをモチーフにしました。
201805190333259bc.jpeg

去年描いた。
結局アクスタ用にほぼ描き下ろしましたが。

20180519040246f2a.jpeg

フィギュアにしようか?など考えましたが、ちょっと時期的にピンキーなどと並行でフルスクラッチで制作するのは厳しかった…。
それに、どうせならまだやってないことをしよう!と思って、以前から気になってたアクスタを試してみました。
自由度が高い!とツイッターで話題に上がってたYousei印刷さん(https://yousei.ne.jp/)に思い切って注文してみました。


Yousei印刷さんの強みといえば無料オプションが充実していること。
特にグロス盛りは好きなところに盛れて表現の幅が広がって魅力的です。
こんな感じでぷくっと。

20180519033650a5a.jpeg
20180519033651321.jpeg

ざらざらしているのは印刷面の表面保護グロス。(これも無料オプション内で有りか無しか選択できます。)
グロス盛りのグロスはそれよりも滑らかです。

Yousei印刷さんでグロス盛りで制作する場合、印刷の順(インクが乗る順)は、
アクリル板→裏面データ→白版→表面データ→グロス
となっています。
たくさん版が重なる部分はその分印刷面にも厚みが出ます。
なので、透過無し(=白版有)裏面あり表面グロス盛りの部分が一番ぷっくりとしています。
クリア印刷のみ+グロスの部分(例えばsheglitゆい様の蝶の部分)は、グロス盛りしても周り(透過無し裏面あり表面印刷)とあまり高低差は変わりません。(むしろちょっと低いかも)
201805190340059a6.jpeg

クリア部を目立たせたい場合は、有料オプションの倍盛りを使うと良いかも。
グロス盛りした部分は表面保護されている部分と比べ、滑らかになりガラスのような質感の蝶々がかわいいのでこれもよし。
グロスが透過無し部とクリア部、など、高低差のある部分に跨って盛られた場合、やはりその分高低差が出ます。
例えば魔女ゆい様の周りに配置した、きらきらの模様は、グロスのみ(カラーの印刷無し)ですが、印刷された部分に跨ったところは少しくにゃっとしてます。

20180519033944737.jpeg
写真じゃよくわからないけど触ったら、厚みのある部分は無い部分に比べてそれだけグロス部も厚みが増している。

20180519033118153.jpeg

これは士官殿たち。
リボンとキラキラにグロス盛りしてもらいました。
あと軍曹のピアス!(これが一番こだわり)

裏面を見ていこう。

20180519034656388.jpeg

これはクリアと白版有りの差が分かりやすい。
クリア部の炎はやはり少し淡い感じに見えますが、白版有りの部分は元データそのままの色が印刷されてます。
ワタシハ テンシ オートマトン♪
歌詞の世界をイメージして、炎の中で崩壊していく教会と街を描きました。
裏面にして並べても良き。

20180519034658ff4.jpeg

20180519040042898.jpeg

こちらは宇宙柄と魔方陣の一部を載せた。

20180519034658cd8.jpeg

ちなみに、宇宙柄⇒内観宇宙死者のゆりかご、蝶⇒天鵞絨パピリオ。
そう、flamma idolaのシングル曲全てを詰め込んだのだッ!
というのは後付けで……。
単に星空柄が好きなだけです。
蝶々も、Alte burgコルセットのプリントの柄から取っただけ。
奇跡的にこじつけられました!すごい!

そして、Yousei印刷さんのもう一つの強みは、多種多様な色のアクリル板。
今回はアクスタ本体を「ガラス色」で統一してみました。
一見普通の透明板に見えますが、断面が仄かに青味がかっていてキレイな色です。
Sheglitゆい様の土台もガラス色です。
そっちの方がガラスの色が分かりやすいですね。
士官殿たちの土台は「そらいろ」。
魔女ゆい様の土台は「いちごいろ」です。
濃いめの色はカットチャームにしたらかわいいかも。

ちょっとだけデータを公開してみようと思います。

入稿の際は公式HPからDLできる、入稿用テンプレートデータを使って入稿します。
テンプレートフォルダ内にアクスタ、アクキーなど全てのテンプレのPSD、AIが入ってます。
また、データ作成上の注意事項や作り方などイラスト付きの説明書も添付されているので、まずそれらを確認するとスムーズに作成できます。

公式HPで購入⇒確認メール⇒テンプレデータDL⇒データ作成
全データをZipに圧縮し、メールに記載された入稿用URLからDropBoxへ入稿して完了。

制作にあたり、こういう完成予想図もzip内に一緒に入れておきました。

2018051904024888f.jpeg

ちょっとでもイメージが伝わればいいかなーって。
特に複数組み合わせること前提のデザインなので…。
これは必須ではありませんが、注文の際に作って入れとくと良いかもです。


これはSheglitゆい様のデータ。

201805190352190ba.jpeg

レイヤーの重ね順は印刷版の重なる順になってます。

裏面のデータはこんな感じ。
2018051903522106d.jpeg

裏面に文字を入れる場合は文字を反転させないといけません。
(このマークも左右反転させてます。)

これは白版のデータ。
20180519035223572.jpeg

白版は、インクが裏に透けてしまわないように乗せるもの。
逆に言えば、白版を乗せてない部分はクリア印刷させるということです。
裏の宇宙柄が透けるように、白版を抜いています。(蝶の部分とか)

これは表面。
20180519035220343.jpeg

裏面の蝶を透かすために抜いています。
普通に表面に蝶入れて裏面抜いても同じだったかな。

グロス盛りレイヤーを表示させた状態。
20180519035221023.jpeg

グロスを盛ってほしい部分を黒塗りします。
蝶や蝋燭、目などにグロス盛り。
イラストには描いてない、スカート裾の模様にも盛ってもらいました。

カットラインパスとスタンド台への差し込み部分のテンプレートを表示させた状態。

201805190352248ea.jpeg

テンプレートは大・小のそれぞれ1レイヤーずつあり、不要な方は削除します。
赤いのが差し込むやつ。
予めテンプレ内に用意されてあるので、必要な個所に移動するだけ。
土台用のテンプレート内にも同じ差込口データがあるので、土台のパス作って差込口に乗せればオッケー。
こっちでサイズとか形とか調整する必要ないのでラクチンですね。
今回は使いませんでしたが、ストラップ用のキーホールもデータ内にテンプレがありました。


カットラインパスは自分で作りましたが、Psdもしくはaiデータの場合のみ、無料でパス作成もしてくれるようです。
透過PNGデータでの入稿も出来るそうですが、その場合のパス作成は有料みたいです。


予備パーツもたくさん付けてくださりました。
スタンド土台の予備が一つしかないので一つしか立てられませんが、何かに差し込んだりして飾ってもいいかもです。
土台を複製してみようかな…。

あと、今回はスタンドのみで、チャームもキーホールも付けていませんが、なんとチャーム用の金具をおまけで入れてくださってました!

20180519035710068.jpeg

ハート形でかわいい。
実物を見ると、これで次は何か作ってみてもいいかも…という気持ちになってきますね。
デレマスで何か作ったらかわいいかも。
ハート形のデザインがフレちゃんとかウサミンとかしゅがはに似合いそう。

梱包もかわいい。

2018051903570950a.jpeg

ハート形の緩衝材!
こういうとこにもテンション上がりますよね。

アクリルカットも自由自在だし、アイディア次第ではなんでもできてしまいそうですね。
今回は普通にスタンドでしたが、もっと凝ったデザインでも頼みたくなります。
なにか考えてみようかしら…。


Yousei印刷さんで作成を考えている方はぜひ公式ツイッター(‪@yousei_info)をのぞいてみることをお勧めします。
実際に作った人たちの作例が見れて面白いですよ!



ではでは今回はこのへんで。
久しぶりにライブレポ以外の記事書いたなあ。

20180519035710d03.jpeg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。