FC2ブログ
反逆のスーヴニール 妖精帝國技術部 pixiv イチゴニコのページ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんきもリリイベその2



ここからはただのオタクの回顧録。



大阪はふっきーと紫煉さんのみ参加なので、どちらかを指名してツーショを撮る形式でした。
箱推しのオタクだから大阪に全員来てたら危うく全員のチェキゲットしにいくとこだった、危ない、命拾いした。
でもたったの参加券5枚で大阪はコンプリートだなんて破格じゃないですか?(感覚がぶち壊れたオタク)
参加券が無くなるのでは…?と心配になり、事前に妹を店舗に派遣し、参加券を手に入れてもらいました。(実際は当日でも全然手に入れられてました。)

20180508152844a84.jpeg
↑これがその特典券。

トークライブ後、ステージの下に長机と椅子2脚が運び込まれました。
まずサイン会をやって、それが終了してからチェキ会、という流れでした。
サイン会の時にサイン分の券を出し、チェキ会でチェキ分の券を出す、という感じ。
サイン見送ってチェキだけ並ぶみたいな人もいました。

「うわあああサイン会がとうとう来てしまったあああ」とひいひい言いながら後ろの方の列に並んでました。
トークライブは完全にお客様感覚、いや、もはやいつものニコ生感覚で観れたので気が楽でしたけど…。
他の人たちの様子見がしたいので後ろの列へ。
そしたら一人一人と結構長い時間お話しされていらっしゃる…。
クサメロの神に愛されしバンドは対応も神なのか。。。

サインを書いてもらう場所ですが、CDの盤面かジャケットかは選べるみたいで、だいたいCDケース開けて差し出すと盤面に、ジャケット取り出して渡すとジャケットに書いてくれるみたいな感じでした。
ジャケットの方が飾れるかなーと思ってジャケットに書いてもらいました。

自分の番が来ても何も喋れねえ。
「アッ、お、お、お願いします(震え声」
逃げるように去る俺。
あああああ、これでは去年のサイン会とまったく同じではないか!
なんて豆腐メンタルなんだ……ううっ……。

ふき「あ!そのツノ!Restyleだよね!」
ふき「私もそれ買おうか迷ってた!」

神対応キタ―――――( ゜∀゜)―――――――!!!

もう、今時見ないような顔文字使っちゃうくらい、キタ―――――!!!感がすごい。
ちなみに自分はこんな格好でした。

20180508152836c03.jpeg

ふき「あっ、そのペンダントも買おうと思ってたのだ!それかわいいよね~。」
ふき「ほら見て、私が買おうっていってたやつあれだよ」
しれ「え、どれ?」
ふき「あのペンタグラムのやつ!」
おれ「きょ、今日はブラックペンタグラムっぽい格好にしたんです(瀕死の声)」
ふき「すごい良い!」
しれ「確かにかっこいいねー」

瀕死。
ほぼほぼふっきーに相槌打ってるだけで精いっぱい。
そしてこんな死にかけでまともに喋れないコミュ障にも話してくれるお二人の尊さよ。
あれを言おう!とか、そういう決意もまったく頭から飛んで、ただただ真っ白。
終わった後手が震えまくってジャケットがケースになかなか入らない。
妹はWingsのジャケットにサインしてもらいました。

サインの列が無くなると、次はチェキ会へ。
やはり無理すぎて後ろのほうに並ぶ我々。
やはりふっきーファンの男性が多いようで、ふっきーにチェキを求める人が大半でした。
先ほどのサイン会で使われた長机がチェキ会中の客の荷物置き場となり、ステージ上に上がってステージ下手で撮るという感じ。
ふっきーは一人一人に丁寧に、いろんなお話して対応してて、す、すごいい…。
紫煉さんはふっきーが撮影してる間、ステージから降りて、チェキのフィルムの詰め替えとか、試し撮りとかなさっていました。
チェキ会のシステムがよく分からないので、ほかの人の様子を見て何となく把握。
特典券が無くなり次第終了、ですが、無くなった後もどうやらレシートで対応してるみたいでした。
印象的だったのは、ふっきーと一枚撮り終わった方が、真っすぐに陳列棚に向かって素早くCDを2枚掴んで、そのまま速攻でレジに向かっていった姿ですね。
オタク・オブザ・オタク、その雄姿は眩しい。


自分の番が近づくと、ほんとにうわあああってなって妹にしがみついて騒いでました(今思うと本当に恥ずかしい、嘘でも黙って並んでくれ)。
チェキ撮影係の店員さんに特典券を渡します。
一回分ずつ?全部出しでいいの?と、どう渡したらいいか分からず、まずパニくる。

おれ「ふっきー1枚、しれんさん2枚でお願いします(めちゃくちゃ小声)」
店員さん「ふきさん1枚しれんさん2枚でーーす!!!!」

小 声 の 意 味 と は。(いや意味ないけど)
そして券を6枚出す。

しれ「富豪だ……。」

うわあああああああ(恥ずかしさで死亡)
いいいいい、いや、ここで心を折っていたら進まんではないか。
今日は目的があってきたのだ…。
そう、ネタに走るオタクとして。

絶対に譲れないネタが、ここにある。

~遡ること半年前~

ふとネットで、某邦メタルバンドのリリイベの様子を検索していると、メンバーとのスマホ撮影会というのがありました。
そして、参加者の中に、自作のメンバーのイラストをパネルにして一緒に撮ってる人の姿が。
その嬉しそうな笑顔の眩しさは印象深かった。
でもま、自分の好きなバンドの界隈じゃあ、こういうイベントも永遠に無さそうだなー。

~回想終わり~

今やんけ。
というか今やんけ。
これはもう、やるしかないのでは?
いつやるの今でしょ?
と、いうわけで、大学時代に展示会の道具制作で培ったノウハウのすべてを結晶させて、パネルを用意しました。

2018050816271481c.jpeg

私のツイッターを見ている人は知っているかもしれませんが、私はビックリマンシールを作ることが趣味なオタクです。
ということでビックリマン風。

20180508152835f17.jpeg

2018050816282508d.jpeg

元絵↑
ちなみに3月の対バンライブの時のお二人の衣装を描きました。
サイズに悩みましたが、30センチ四方が一番収まりよいかな~。
小さいと写らないかもしれないし。
ちゃんとビックリマンなのでキラキラにしてます。
キラキラにしても写らないけどね。

20180508152847276.jpeg

ちなみにこれのシールも作ってサイン会の時に渡してました。
(渡してすぐ逃げるように去った)
パネルを鞄から取り出し、恐る恐るステージ上へ。

おれ「アッアッ、あの、こ、これを作ってきたんです」
ふき「あ!もしかしてさっきのシールの絵だ!」
おれ「そ、そうです、これ持って一緒に撮ってください(HP残り1)」
ふき「いいよ~!」
ふき「光が反射しないように、ちょっとだけ下に傾けて持とう!」

女神じゃん……。
反射とか何も考えてなかったわ……。
女神の微笑にHP全回復と思いきや、距離を詰めてくるふっきー。
無事死亡。
おかしいな、計算ではパネルを挟むことで距離を取って尊さで死なないようになるはずだったのだが?
シャッターよ、早く切ってくれ、身が持たない。
緊張しすぎて自然な笑顔になれなさすぎて顔面の筋肉が全部バカになったのでは?と思うほど。
撮影後、もはや放心状態の自分に、ふっきーが話しかけてくれます。

ふき「あれ!?着てるビスチェって、もしかしてキルスターの!?」
ふき「それって下まである方のやつだよね?」
(キルスターのペンタグラムトップスは2種類あって、自分が着てるビスチェタイプのと、ブラトップタイプのものがあります。)
おれ「は、はいっ!」
ふき「私も同じの持ってる~!ペンダントと同じブランドのでしょ!」
ふき「いつか衣装で着ようと思ってるの~!」
おれ「絶対着てください!!!!!絶対似合います!!!!!!!(ここだけ大声)」
ふき「あはははは、いつか着よう!」

ありがとうございますありがとうございます。
絶対かわいいだろうなあ…。
見てみたいものです…。

ふき「はい、じゃあ次、しれんさんこれ持って!」
パネルが渡される。
またもや一人でパニックになるおれ。
おれ「あ、えと、うーん、まあいいや(大パニック)」(この向きでいいのかな?とか考えてた)
ふき「ちょっと傾けて持つんだよ。」
しれ「こう?」

ふっきー監修撮影会かな?
パネルを持ち固まる自分の足をみたふっきー。

ふき「あ、それ、abilletageのニーソだ!」
ふき「いいなー。私がやりたい服全部先にやられてる~(笑)」

おおおおおお、畏れ多いことこの上ない。
三重の自宅から電車で大阪までこの格好でやってきた甲斐があった(感涙)
こうしてほぼあわあわしているうちに2枚目のチェキも終わり。
3枚目は……。

おれ「い、い、いいい、一生のお願いなんですけど!」
おれ「『インギーポーズ』をやってください!!」

2018050816322732c.jpeg


ネタに走るしかないじゃない!!
ネタのためなら『一生のお願い』も消費不可避!

しれ「あ、これ~?」(←その場で右手で人差し指を差し天に掲げ、右足を曲げて左足を伸ばすポーズを取る)

理解が早くて何よりです有難い!!!
言ったはいいものの、どうやってチェキに収まればいいんだ…。
すると、先ほどと同じようにふっきーがいろいろ指示を出してくれました。

ふき「もうちょっと右に寄ってー。ちょっと前の方に出てみて。そうそう。」
ふき「えーっと…。こうした方が左右対称みたいでいいかも。」

めちゃくちゃ真剣に考えてくれている!
自分はもう、ただただ、あわあわとするだけ。
自分の後ろにしれんさんがいるので、被らない?大丈夫かな?と思いつつ…。
右手を伸ばすも、ぶつからないかな?ってちょっと心配だった。
あと、距離が近い。大丈夫かこれ。(この時点でおれは屍となっている。)
ナチュラルに手を背中に添えられてるし一体なんなんだ。(何度でも死ぬ)
そして、よくよく考えたら、これ、ステージ上で撮ってるんで、もう、

公 開 処 刑

なんですわ。
ステージ上で謎のポーズを取りだす黒づくめのツノ生やした変な奴。
(パネルを取り出してる時点でおかしいけども…。)
あ、たくさん人がいる……、とぼんやりしてきてやっとチェキが撮られました。

ここで撮り終わった3枚のチェキを渡されました。
2枚はもう画像が浮かんでいましたが、最後の一枚はまだ撮影直後のため何も浮かんでおらず、真っ白です。

おれ「お、おお~。こうやって浮かんでくるんだ……。」(←普通に心の声が漏れてる)
しれ「すごいでしょ~。」

!!(普通に心の声が漏れてたから返答があることにびっくりしている)
あ、早くステージから降りなきゃ…!と気づいて慌ててまた逃げるが如く撤収。
お、おれは成し遂げたんだ……、やってやったぞ……。(涙目)
ネタに生きる者として………。
その次に妹の番だったので、遠巻きに眺めてました。
会話までは聞こえませんでしたが、後で妹に聞いたところ、

ふき「さっきの子はお友達?」
いも「姉です」
ふき「えっ、全然違うね~!背もお姉ちゃんより高いんだね~!」
(私と妹は全く似てません。服の系統も、ゴスロリのおれとモデル系の妹で違うし、妹のほうが背も高いです。ツノを付けた自分よりも余裕で背が高い。ツノ分ですら負けてる。)
しれ「でもどこもそんなもんじゃない?俺のとこもそうだったし。」
しれ「でも笑ったら似てるねー。」

という会話をしていたらしい。
妹はふっきーとハートマーク作るポーズしてた。
神対応じゃん……。
しれんさんとはメロイックサインのポーズをしてました。
しれんさんが肩を抱くようにメロイックサインをした左手を妹の顔横に持ってきて、

ふき「こら!先生はそんなことしないの!(笑)」

というやりとりもあったそうな。
かわいいかよ。


チェキ列が無くなった時点でイベントは終了。

ふき「ほんとにもう大丈夫?質問とかもない?」
しれ「帰っちゃうよ~。みんな大丈夫かな~?」


最後まで念入りに確認。
そしてステージからお二人が退場し、イベントは終了しました。



イベント後は同じビル内にあったオイスターバーで反省会。

20180508152830ed0.jpeg


いや、面白いイベントでした。
トークも楽しいし、初公開の情報も聞けてお得でした。
今年のライブツアーも楽しみです。


201805081528308bb.jpeg
20180508152832948.jpeg
201805081528335a9.jpeg

やってやったぞ!(涙目)








ちなみにですが、もちろんこの格好のまま帰宅した私。
帰りの電車で寝てたらツノが珍しいのか突然外国人に起こされ、何故かツーショ撮影会になりました…。
何もリリースしてないけど実質リリイベかな???
話を聞くと、一カ月間日本を旅行中のロシア人の方で、日本のゴスロリとアニメとメタルが好きらしい。
ので、ちょうど追いキャダヴァー※分のCDがあったので、贈呈の儀となりました。
ロシアで日本のメロスピを広めてくれ!🙏🙏


※追いキャダヴァー→妹に特典券入手してもらったものの、間違えて中途半端な数になってしまったので、当日に枚数調整のために一枚追加購入したもの。
これ無かったらサイン入りの方を贈呈せねばならんことになってた…やっててよかった追いキャダヴァー。


20180508152845862.jpeg
(妹の分も合わせてなのでそんなにおおくはないよ、東京全通勢とかチェキ全員制覇勢とかいるみたいだし。)


201805081528380fd.jpeg
爪はこだわりのダイヤモンドシルバー💎とバイオレット。

後日、ふっきーがこの時自分が付けてたのと色違いのペンダントの写真載せてた!
20180508164030ea4.jpeg
かわいい!
女神!






反省会。
嘘でもおとなしく並んでて…。
本当に恥ずかしい。

ネタに生きる者としての職務は全うできたかな。

20180508152839404.jpeg

ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。