反逆のスーヴニール 妖精帝國技術部 pixiv イチゴニコのページ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉少女帯 再結成10周年パーフェクトベストツアー 大阪

ライブに行こう月間(??)、第二弾は筋少です。

私は妖精帝國臣民なので、妖精帝國の機械カバーから…というのもありますが、
私が行ってた大学がスーパーハイパーオタク養成所で以下略。
授業で筋少の武道館ライブの映像を見たりオーケンが出てた映画とか見たりしてましたね(* `◟ 、)
ちなみにその授業とは別の先生ですが、その大学の先生も今回のライブに来てました。
(見かけたものの声はかけられませんでしたが…。)

あまり変なことばかり喋ってもしょうがないからサクサク進めるぞ。

今回のツアーはこの、パーフェクトベストアルバム発ツアーということで、再結成後に作られた曲多めのセトリでありました。
20161125191300c58.jpg

アルバムにトレカが付いてるのって面白い。


会場は梅田クアトロ。
初めて行く場所なので迷わないか不安でしたが、地下の出口から近いからあまり迷わずに辿り着けましたよ。

20161125191258abb.jpg

ビルの10階にあります。
物販開始時刻にならないとエレベーターで会場まで上がらせてもらえません。
それまでしばし喫茶店で待機。
開始5分後にはもう結構人が並んでました。(階段のとこに並ぶシステムでした。)


物販ではこのような格好で出没しておりました。

2016112519321666b.jpg
20161125193216f82.png

見知らぬ人から「バンギャだ!」「V系好きでしょ!」とか言われまくったのですがバンギャではありません…。
服装のせいかな?と思ってたけど、ライブ後にも「バンギャ?」と言われたのでメイクのせいですね…。
かわいいよりも怖いを目指したいぞ。

紫色のラバーバンドをゲット。
色がかわいい。
201611251928013e2.jpg

それと、絵柄がかわいかったのでTシャツも。
201611251927594c2.jpg
201611251927588c7.jpg

これは、「蜘蛛の糸」をイメージしたイラストのTシャツですね。
買ってから気付いた。
無意識に蜘蛛の糸を選んじゃうあたりが、自分らしいなあ。


会場内のロッカーは開場後にしか使えないそうなので、一度駅まで戻って駅のロッカーに荷物を預けてました。
地下街を歩いて移動できるので、上着が無くても寒くなくて良いですね。

入場待機列も階段。
周りは私よりも年齢が上の方が多めでしたが、筋少Tシャツの他に、ドラフォやメガデスのTシャツや、全身アルゴンキンのバンギャっぽい人などもいて、なんかすごく……この「ホーム」感。
謎の居心地の良さ。


ドリンクチケットをもらい会場の中へ。
客入れBGMでMotörheadがかかってましたね。
会場は三段になっており、1番上の一部は関係者スペースになっていました。
中段はステージと同じ高さで、ステージ上のバンドマンと同じ目線で楽しむことができるそうです。
さて私はステージから近いところを求めて下段へ。
また何も考えずにフラフラと上手側の方へ行きましたが………。


201611252012514ef.jpg

そ、そうか…そうだよな…上手側って橘高氏目当ての女性ばかりだ…!
(もちろん男性だっていましたよ!後ろから男性の「橘高ー!!!!」ってすごい熱の入った声が聞こえてきました。)
90年代風ロリータやバンギャのおねいさんたちがたくさん。
私、場違いになってない?メイクのおかげで馴染めて…るか…?


そんな感じでドギマギしながら待っていると、ステージがピカピカと照らされ、ライブの始まりです!

以下拾ってきたセトリ。

1.めでてえな?
2.仲直りのテーマ
3.トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く
4.ワインライダー・フォーエバー
5.おわかりいただけただろうか(vo橘高)

6.人から箱男
7.枕投げ営業
8.週替わりの奇跡の神話

9.新人バンドのテーマ
10.パノラマ島失敗談
11.蓮華畑

12.恋の蜜蜂飛行
13.混ぜるな危険
14.ムツオさん
15.ツアーフアイナル

encore

16.孤島の鬼
17.中二病の神ドロシー
18.釈迦


以下、私が見た光景をダイジェストでお送りします。

2016112521144871a.jpg

ワインライダー・フォーエバーは本当にめちゃくちゃかっこいい曲ですよね。
原曲よりも筋少ver.の方が好きです。
全員でパート分けしたラップ調の(?)歌唱や、全員歌唱の「レーザーメスで〜」でメロディが一つになる感じ、良さ👏です。
トリフィドがものすごく好きで、「トリフィド!トリフィド!」って叫ぶのも楽しかったですね。
筋少はハード、ヘヴィかつ、メロディアスな楽曲が多くてかなり好きです。
エディのピアノのキラキラとした旋律も、世界観に華を添えていますね。

人から箱男では、他のアーティストとリハした時に、リハなのにノリにノッて、「ゥン!」と唸ってずっとサビを歌い続ける姿に感化され、それを真似して「お前は人から〜ゥン!箱男ー♪」ってやってて、面白かった(👐`◟ 、)

橘高氏、ものすごくたくさんピック投げはりますね…!
マイクスタンドにピックが刺さっているのですが、一曲の間に半数以上無くなってて…。
ピックを求める熾烈な争いには勝てませんでしたが、終演後に落ちてたのを拾いました。
これはラッキー♡

201611252123356a2.jpg

オーケン「枚方出身のこの男に歌ってもらうぜ!!」

で始まった、橘高氏歌唱の「お分かりいただけただろうか」。
なんだあのカッコイイハスキーボイスはすごいカッコイイぞ。
ハードロック感がすごい。
間奏で「大阪大阪大阪ー!!!!」って叫んでおられましたよ(👐`◟ 、)

橘高氏の話ばかりになってしまいそうなんだけど、上手なので仕方ないよね。

20161125211452bbf.jpg

天使!
ずっと「なんだこの天使は」ってなってましたよ…。


大「みんな!すげー良い顔してる!!!!」
大「若い頃はさ、年上の人に『大槻くん、良い顔してるね』って言われるのがすげー嫌で……」
大「今はその人たちの気持ち分かるわ。昔は嫌だったよね?」
ウッチー「何言ってんだコイツってずっと思ってた」
大「え!?もしかして俺のことに対して!?ずっと何言ってんだコイツって思ってたの!?(ショック」
ウ「違う違う!『良い顔してるね』の話!」


新人バンドのテーマからはアコースティックな感じ。
アコースティックな筋少やりたいね!次のアルバムとかでやってみたいね!
と話しておられました。
(ちなみにこの前日のトークイベでは話の流れから、「次のアルバムのテーマは戦国筋少だ!」って盛り上がってたけど、次の日目が覚めたら「何言ってんだ俺ら」ってなったようです)

アコースティックな三曲が終わり、椅子を後ろに下げに来たスタッフの手には特攻服。
「これを着ろってこと?うん、特攻服来たら筋少っぽいもんねー」
「筋少といえば特攻服のイメージだけど、着始めたのはステーシーの美術からなんですよ。」

あと印象に残ってるのはこのくだりとか!
エディは普段、チェーン店以外の店には行かないそうなのですが(ツアー中に知らない店に行って食中毒になったのがトラウマ)、こないだ絶対行かないような本格的なインドカレー屋に行ったそうです。
そして適当にセットメニューを注文したところ、ついに初めて『サモサ』を食べたそう。
『サモサ』は具の入った揚げもんみたいなやつで、「日本印度化計画」でウッチーが\サモサ!/って言ってるアレです。

エディ「『サモサ!』って、一体この人何言ってんだ…ってずっと思ってたけど、これなんだね〜〜!」

っていう話。

20161125211449f9f.jpg

からのこれ。
その後の曲中でもたまに「カライカー?」って聞いてきて笑いました。
エディは高級な店も苦手みたいで、本格イタリアンの店で「粉チーズ無いですか?」と訊いたら「ソレ、チーズ掛けるパスタじゃナイネー」って言われてめちゃくちゃ激おこぷんぷんしてましたww
なのでオーケンも、「カライカー?カライカー?ソレチーズ掛けるパスタじゃナイネー」っていう謎の煽りをしていましたww

「この話の流れで、絶対繋がらないけど!絶対繋がらないけど自信を持って次の曲に行きます!恋の蜜蜂飛行〜!」

恋の蜜蜂飛行もヘヴィでスピーディーですごく盛り上がる曲ですね。

ラスサビ前の間奏部分では、
「恋よ 高速蜜蜂飛行よ
君を連れていけ 人から見たなら
そうお別れのように 森に消してくれ」
と朗読のように語り、
「この部分を!みんなで歌いたいと思います!エディ、Aの音ちょうだい」
(美しいピアノの音が流れ始める。)
 ゚.*・。゚♬*゜ ゚.*・。゚♬*゜
「〜〜〜〜(歌のタイミングが掴めない)、で、入れないって言うね…(笑」
みんなで合唱はできたよ!


ムツオさんでは、手をひらひらと振るのが楽しかったです。

201611252114500b1.jpg


最後の曲!で始まったのはツアーファイナル。
これもまたすごく盛り上がって楽しい。
ライブが終わりに近づいているのは寂しさも感じますが、悔いのないように思い切り手を挙げ声を上げ。


アンコールで先に橘高氏だけが登場。
「再結成していろいろやってきたけど、これだけはまだできてないなーっていうのがあって…」
「ファンクラブ的なものを作ることにしました!」
「的な、ね?ほら、他のアラフィフのおっさん達は『ファンクラブってなんだか照れる』って言ってさ」
「俺は全然、大丈夫なんだけどね!まだ24だしね!」

「久しぶりに俺が呼び込みしようかな!」

と、橘高氏はメンバーの名を呼び、メンバーがステージへと登場。
オーケンはネコ柄の水色のTシャツ着てました。あざとい。
大「久しぶりに呼ばれる側で……呼ぶ時すごくいい顔してたよ」


中2病の神ドロシーで四人揃って折りたたみ的な動きしてたの可愛かったありがとうございますありがとうございます。
ほんとの最後の曲は釈迦でした。
シャララシャカシャカ!


いやもうなんかほんと、いつも以上に語彙量無くなった文章ですみません…。
すごく、楽しい、楽しい!ということで頭がいっぱいで、それを受け止めるのに必死で、家に帰ってから「ああこういうとこにもっと集中して聴けばよかったかも」と思っていたのでした。
最終的に上手やや中央寄りの四、三列目あたりにいましたが、やはり間近で姿を見られるのはとても嬉しいですね。

個人的にすごく嬉しかったのは、「問うならばー!」\問うならばー!/ができたこと。
あと、学園天国の「ヘーイヘイヘイヘーイヘイ!」がやれたこと!
やってみたかったんだよねぇ…!
オーケンが「ヘーイヘイヘイヘーイヘイ!」と言ったあと、何か言ってたのを聞き取れなくて観客が勝手に「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」って叫び始めたら、
大「違う違う違う!今のは、すごく情緒的に、『ヘェェエエェェェェアアアェイ♪』って歌ってたの!もう一回いくからね。」
大「ヘーイヘイヘイヘーイヘイ…ヘェェエエェェェェアアアェイ♪♪」
観客(戸惑う)
大「ごめん今のくだりいらなかったね…」
のやつは面白かった。

高い演奏技術と不条理で不思議な歌詞の世界観、MCでのトーク力、観客を世界へと引き込む煽りなど、どれも楽しくて面白くて、充実感にあふれたライブでありました。
また行きたい!✌(灬´ิω´ิ灬)✌


終演後、ツイッターのフォロワーさんから手作りのうちわをいただきましたよ!

201611252300087dc.jpg
201611252300096e2.jpg

かわいい!デンカレとオーケンのネコちゃん。
ありがとうございます!お部屋に飾ってるʚ( ิ ̮ ิ )ɞ


次の日もおしごとだったので全力で帰りましたが、筋肉痛もライブの良い思い出ですね。
おしごと中に筋肉痛で幸せを噛み締めてました(* `◟ 、)


さて、次回更新は年末の予定です。
次のライブでは、また別のtwitterフォロワーと遭遇するのだろうか!?
乞うご期待!(?)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。